税金について

自動車を購入する際に関わってくる主な税金には、自動車取得税、自動車税、自動車重量税の3つが挙げられます。
営業スタッフが、分かりやすくご説明いたしますのでご安心下さい。 不明な点は遠慮なく営業スタッフにお聞きください。
どんなことでも親切・丁寧にお答えいたします。

自動車税

自動車税についてご説明いたします。
自動車税とは自動車を所有している人に課税される都道府県税で、
毎年の4月1日に、運輸支局に登録されている車の所有者にかかる税金です。

車種 分類 自家用 税金
乗用車 1リットル以下 29,500円
1リットル超1.5リットル以下 34,500円
1.5リットル超2リットル以下 39,500円
2リットル超2.5リットル以下 45,000円
2.5リットル超3リットル以下 51,000円
3リットル超3.5リットル以下 58,000円
3.5リットル超4リットル以下 66,500円
4リットル超4.5リットル以下 76,500円
4.5リットル超6リットル以下 88,000円
6リットル超 111,000円
貨客兼用車 1t以下 1リットル以下 13,200円
1リットル超1.5リットル以下 14,300円
1.5リットル超 16,000円
1t超 1リットル以下 16,700円
2t以下 1リットル超1.5リットル以下 17,800円
1.5リットル超 19,500円
2t超3t以下 1リットル以下 21,200円
1リットル超1.5リットル以下 22,300円
1.5リットル超 24,000円
トラック 1t以下 8,000円
1t超2t以下 11,500円
2t超3t以下 16,000円
3t超4t以下 20,500円
4t超5t以下 25,500円

自動車取得税

自動車取得税とは、車の取得に対し課税される都道府県税のことです。 取得に対する課税であるため、自動車取得税は基本的に購入時にしか関係してきません。 また収入は道路の建設・補修の費用に充てられる目的税です。

自動車取得税の税率

自動車取得税は購入した車が普通自動車か軽自動車であるかにより税率が変わってきます。 また電気自動車、ハイブリッド車などエコカーの場合は税率が優遇されるようになっています。平成26年3月31日まで取得価額の5%に課税されていた自動車取得税ですが、消費税が8%に上がった平成26年4月1日より3%に変更されました。消費税が10%に上がる平成31年10月1日のタイミングで、この自動車取得税は廃止される予定となっています。なお、平成30年3月31日まで、取得価額が50万円以下の場合は課税されません。

重量税

重量税は自動車の重量に対し、課税される国税です。
車検有効期間の年数分を先払いすることになっており、新車購入時は3年分の自動車重量税を先に支払うことになります。 自動車重量税の税額重量税はその名の通り、車両の重さにかかる税金のことです。

500kg単位で区切られているので、例えば重量が 900kg という自動車の場合、500kg以上~1,000kg未満になるので、2年間で 8,200円 × 2 = 16,400円を支払う必要があります。
この車両重量とは自動車の乾燥重量のことで、定員人数を乗せた場合の総重量を指し、車両総重量の重さではありません。 また新車の場合は3年分を一括で支払う必要があります。
500kg以上~1,000kg未満の自動車の場合は8,200円×3 = 24,600円を重量税として納める事になります。

乗用車(定員10人以下)

車輌重量 自家用 重量税金額
有効期限 3年 2年 1年
0.5t以下 12,300円 8,200円 4,100円
~1t 24,600円 16,400円 8,200円
~1.5t 36,900円 24,600円 12,300円
~2t 49,200円 32,800円 16,400円
~2.5t 61,500円 41,000円 20,500円
~3t 73,800円 49,200円

24,600円